ホーム>生豆を選ぶ!

生豆の選びかた。

2012121011657.jpg

正直書くと、飲んで美味しい!

そんな珈琲豆だけ、を、買っているわけではありません…。

それは、きっとボクが、

いろんな珈琲を飲みたいだけなのかもしれません…。

 

高額ですが珍品で、

なぜか噂のコピ・ルアックだったり、ルアックの鳥バージョンだったり…。

このコピ・ルアックも様々で、産地と仕様が違っただけで、驚くほど香りも風味も異なってしまうのですから。

 

もちろん、オークション落札品、各コンテストのロットなどもあります。

一般的なスペシャルティの他、トップのスペシャルティや、トップのトップもあったり…。

 

また、お値段と味で勝負する、激安珈琲もありますし…。

 

『コーフィ豆の選び方』

今、思いつく「木になっている果実」を思い描いてください。

せっかくですので、見栄えよく、とても完熟した「木になっている果実」です。

思いつきましたか?

せっかくなので、その美味しそうな「木になっている果実」を食べてみましょう。

どんな感じですか?

きっと、ジューシーな甘さと、新鮮で柔らかい酸っぱさを感じたはずです。

コーフィも同じだと、ボクは思っています。

簡単に言えば、コーフィは「木に実った種」です。

なので、捥ぎたてフルーツのような「爽やかで甘い酸味」を探してみてくださいね!

 


 

ボクはいったい、どんなコーヒーが好きなんだろうか?

これは、ボクが、コーフィにハマった、きっかけでした。

 

コーヒーという飲み物は、飲む人によって感じ方が違うのは当然のことです。

だから、

自分の好みをコーフィにあわせるよりも、少しわがままになって、自分が飲みたいコーフィだけ飲みましょう!

それでいいんです。

きっと…。

 

まずは、じっくりと吟味してみてください!

あっちから、こっちまで、グルグルしながら…。

 

そして、迷ってきたら、

スタッフに声をかけてくださいね!

ぜひ、お喋りしましょう。

 

ページ上部へ