[グァテマラ]ヴィスタ・アル・ボスケ農園カトゥアイ

 

どうやら、グァテマラから優等生がやってきてしまいました…。

噂では、運動も、勉強もできて、しかも人当たりも良くて、モテモテな逸材です。

 

状況にあわせて使い分ける、その性格といったら、たいしたもんです。

きっとモテちゃうから、ライバルは黙ってないだろうなぁ…。

 

ところで…。

「エドゥアルド・アンブロシオ氏」って、知ってますか?

Cup of Excellence」の、ヘッドジャッジを務めている世界を代表するカッパーの1人で、「GuatemalaCOE -2001- 」から運営に関わって、現在は、COEが開催される各国の審査・運営に携わっている人なんです。

グァテマラの生産者と、世界中の珈琲人を繋ぐ架け橋となってる、そんなスゴい人が手がける農園の、マイクロなアイテムなんですよね~。

 

ボクのお奨めローストは、やっぱり弱めのシティです。

ドッシリと佇む太い輪郭の重厚感に、エレガントでフレッシュな甘いさわやかさが、断然魅力的なんですよね~。

ベリーやチェリー、あとはプラムのようなフルーツの香味も、ワンテンポ遅れて追いかけてきてくれますので、なかなか憎いヤツなんです…。

滑らかながらもキレある口当りに、エネルギッシュなフルーティさも隠れながらも、際立っている感じです。

最初のインパクトである、しっとり感と重なるように、クリアで爽やかな質感の伸びを、ぜひ楽しんでほしいアイテムですので、きっと学級の全体を、うまくまとめてくれる優等生です。

 

 

----------

Guatemala Vista Al Bosque / グアテマラ ヴィスタ・アル・ボスケ農園

 

[いつか家族の農園を]

農園主であるウィルメル氏が幼いころの事。

父親と3人の兄と共にウエウエテンゴのラ・リベルタからオハ・ブランカまで、険しい山をかき分けながら、他人の所有するコーヒー農園で働くために出稼ぎに出ていたそうです。

それは旅のように長く、苦しい思い出で、幼いウィルメル少年は、いつか家族で農園を持つことを夢見るようになりました。

 

[20年の歳月を経て]

いつも懸命に働く彼の父は、誰の農園であろうと愛情と情熱をもって働きなさいと、子供たちに伝え、彼自身も父の言葉を受け止め、コーヒー生産に人生を注いできました。

そして20年が経ち、ウィルメル氏はヴィスタ・アル・ボスケ農園を持ち、長い年月を経て夢を叶えました。

今では、最愛の妻と16歳になる息子と共に、深い愛情と情熱をもって、彼の人生そのものであるコーヒーに真摯に向き合っています。

 

[EDUARDO AMBROCIO COFFEE ADVISORS]

今回のマイクロロットは、新たなパートナーであるエドゥアルド・アンブロシオ氏による、小規模生産農家とのスペシャルティマイクロロットの取り組みとなります。

 

エドゥアルド・アンブロシオ氏は、「Cup of Excellence」のヘッドジャッジを務めている世界を代表するカッパーの1人です。

Guatemala COE」が開催された2001年から、運営に関わっており、現在はヘッドジャッジとして、COEが開催される各国の審査・運営に携わっています。

 

2012年まで彼は、Anacafe(グアテマラ・ナショナルコーヒー協会)のマスターカッパーを務め、15年以上の長きに渡って品質管理の責任者として、小規模生産者の品質保証プログラムを実践してきました。

そんな彼の優れたカッピング能力や味覚センスは、No.1とも讃えるカッパーもいるほど、世界中多くのカッパーが彼の影響を受けてきました。

 

そして2014年、品質向上に努める多くの小規模生産者の素晴らしいコーヒーを世界中に届けようと立ち上げたのが、「EDUARDO AMBROCIO COFFEE ADVISORS社」でした。

品質向上に努める多くの小規模農家の努力が実を結ぶように。

世界中のコーヒーを知り尽くしたカッパーとしての経験、そして多くの知見を活かし、グァテマラの生産者と世界中の人々を繋ぐ架け橋となっています

 

 

 

 
詳細データ
[]グァテマラ
[エリア]ウエウエテナンゴ、クイルコ
[農園名]ヴィスタ・アル・ボスケ農園
[生産者]ウィルマル・カスティージョ
[標高]1900m
[品種]カトゥアイ
[生産処理]フリーウォッシュド
[包装/重量]30kgVP
備考欄]-
[カッピングプロファイル]
フローラル、レッドアップル、ストーンフルーツ、
ミルクチョコレート、マリック、
ラウンドマウスフィール、ウェルバランス
<<<焙煎豆での補足事項>>>
 
■お奨めロースト:シティ<->
■お好みロースト:お好みの焙煎度合 からお選びください。
■加工:お好みの挽き具合 からお選びください。
■内容量:ハンドピック、焙煎度合の水分蒸発等により、生豆時のグラム数から10~30%目減りします。
■賞味期限:煎豆で1ヶ月程度です。(挽豆時は、7~10日間)
■飲頃期間:煎豆で2~15日間です。(挽豆時は、2~3日間)
■保存方法:密閉容器等に入れて、冷暗所等お奨めします。
 また、高温多湿時は冷蔵、1ケ月後は冷凍がお奨めです。
 
<<<生の豆での補足事項>>>
 
■状態:焙煎をしていない、生豆のままの状態です。
■加工:ハンドピックは行っておりませんので、小石や木片、コンクリート等が混入している場合があります。
■保存方法:高温多湿を避けた、冷暗所等でお願いします。
 また、梅雨期や猛暑日等は低温冷蔵等をお奨めします。
■備考:生豆卸業を兼ねております。
 
※生豆卸業:2.4キロ以上ほしいっ!!
 という方は、コチラ から、お問合わせくださいね!
 

 


 

 
こちらの商品は、化粧箱ギフトのラッピング加工が可能です!
※化粧箱ギフトの詳細は、こちら→Click!!
 
 
 
  ■内容量/生豆時300グラム入り(煎豆時240~270グラム)です。
  ■仕様/珈琲豆専用のアルミ缶にお入れして、化粧箱にてラッピングします。
  ■加工料金/別途500円です。
  ■ご注文方法/ご注文時に「300gギフト」をお選びくださいね!
 

 

 

NEWポイント2倍オススメ限定品
商品コード:10011_06
[グァテマラ]ヴィスタ・アル・ボスケ農園カトゥアイ
〔販売価格〕
生豆時0150g¥1,550(生0150g¥01,050)
生豆時0300g¥2,550(生0300g¥01,700)
生豆時0600g¥4,600(生0600g¥02,850)
生豆時1200g¥0,000(生1200g¥04,700)
生豆時2400g¥0,000(生2400g¥08,500)
※100cc当りのお値段「110~80円」
※焙煎度合により10~30%目減りします。
販売価格:¥1,050~8,500(税込)
ポイント:21~170Pt
生豆or煎豆:
グラム:
焙煎度:
加工:
数量:
問い合わせる

関連カテゴリ

関連カテゴリ:
全商品一覧
おすすめ商品
新入荷商品
産地から選ぶ > 中米 > グァテマラ
テイストで選ぶ > 香味
テイストで選ぶ > 甘味
テイストで選ぶ > コク
テイストで選ぶ > 爽快
テイストで選ぶ > 後味
焙煎度で選ぶ > 浅煎
焙煎度で選ぶ > 中煎
焙煎度で選ぶ > 深煎
焙煎度で選ぶ > 極深煎
キャンペーン商品

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ