[ラオス]ボラベン高原★ティピカ100%

 

秘境巡りで人気観光地の、ラオスから。

前回はカチモール種でしたが、今回はティピカ種100%です。

 

恥ずかしながら、初めて呑みました…。

まず、驚いたのが生豆のキレイさ、です。

麻袋を開けて、ほんとビックリでした。

高望みはせず、正直、あまり期待していなかったもので…。

欠点豆も少なく、粒も揃っていて、なかなか抜群のクリオティだったんですよね~。

 

これは、一押しのアイテムです。

モタモタしてると、無くなっちゃうかもぉ…。

 

ボクのお奨めローストは、弱めのシティです。

チェリーにオレンジ、あとライムとグレープフルーツ、ちょっぴりレーズンって感じかなぁ。

優しい香りが漂ってくれて、果実味たっぷりでサラサラッとした味わいが、売り文句でしょう。

食後とか、甘いデザートあたりと相性がイイかも…、です。

サラッとした口当りだし、ドライな感じだし、たしかに上品でウマいと思います。

もちろん、やさしく、やさしく。

次は、いつ巡り逢えるかなぁ…。

 

Laos Bolaven Typica / ラオス ボラベン ティピカ

手から手へ。

失われていく「ティピカ種」を次世代につなぐ。

 

ラオス南部のボラベン高原は、ラオスにおける一大コーヒー栽培地域です。

古くからコーヒー栽培が盛んで専業農家も多く、海外企業の進出も増えてきています。

ティピカはコーヒーの原種に近い希少な品種。

ただ近年は、品質や栽培方法にこだわらずに生産効率を重視する傾向が強く、収量の低いティピカ種の樹はほとんどが切りたおされてしまいました。

しかし、国際相場に左右されない高品質のコーヒーをつくるためには、その土地にあった良い品種を残していくことも大切。

ティピカを守ろうと活動されている生産者協同組合の方々から出荷していただいています。

 

<アラビカ種の原種に近いティピカ種>

ティピカ種は、フランス植民地時代にラオスにコーヒーが持ち込まれたときから伝統的に育てられてきました。

優れた香味をもつと言われていますが、収量も小さく、病虫害、とくにサビ病に弱いという弱点があります。

最近の多収品種に切り替わってくること自体は、自然な流れなのかもしれません。

ただ、ラオスは今まさに品質向上に取り組んでいこうとしている段階。

研究のためにも品種の多様性が重要だと考えています。

 

<ミネラルたっぷりの火山性土壌>

ラオス南部ボラベン高原は、海抜1200m前後の高原地帯で年間雨量も豊富、さらに火山性の土壌で、コーヒー栽培にはうってつけの土地です。

 

<農家による農家のための生産者協同組合>

栽培から加工まで、すべて農家さん自身で管理します。

栽培技術も勉強しあい、乾燥棚もすべて手作りです。

 

詳細データ
[生産地]ラオス南部、ボラベン高原
[精製]ウォッシュド
[標高]1,2001,400m
[品種]ティピカ
[乾燥]天日乾燥、アフリカンベッド
[栽培]農薬化学肥料不使用、シェードグロウン
[梱包]ポリエチレン袋+麻袋
<<<焙煎豆での補足事項>>>
 
■お奨めロースト:シティ<->
■お好みロースト:お好みの焙煎度合 からお選びください。
■加工:お好みの挽き具合 からお選びください。
■内容量:ハンドピック、焙煎度合の水分蒸発等により、生豆時のグラム数から10~30%目減りします。
■賞味期限:煎豆で1ヶ月程度です。(挽豆時は、7~10日間)
■飲頃期間:煎豆で2~15日間です。(挽豆時は、2~3日間)
■保存方法:密閉容器等に入れて、冷暗所等お奨めします。
 また、高温多湿時は冷蔵、1ケ月後は冷凍がお奨めです。
 
<<<生の豆での補足事項>>>
 
■状態:焙煎をしていない、生豆のままの状態です。
■加工:ハンドピックは行っておりませんので、小石や木片、コンクリート等が混入している場合があります。
■保存方法:高温多湿を避けた、冷暗所等でお願いします。
 また、梅雨期や猛暑日等は低温冷蔵等をお奨めします。
■備考:生豆卸業を兼ねております。
 
※生豆卸業:2.4キロ以上ほしいっ!!
 という方は、コチラ から、お問合わせくださいね!
 

 


 

 
こちらの商品は、化粧箱ギフトのラッピング加工が可能です!
※化粧箱ギフトの詳細は、こちら→Click!!
 
 
 
  ■内容量/生豆時300グラム入り(煎豆時240~270グラム)です。
  ■仕様/珈琲豆専用のアルミ缶にお入れして、化粧箱にてラッピングします。
  ■加工料金/別途500円です。
  ■ご注文方法/ご注文時に「300gギフト」をお選びくださいね!
 

 

 

NEWポイント2倍オススメ限定品
商品コード:10405_02
[ラオス]ボラベン高原★ティピカ100%
〔販売価格〕
生豆時0150g¥01,550(生0150g¥00,950)
生豆時0300g¥02,550(生0300g¥01,500)
生豆時0600g¥04,600(生0600g¥02,450)
生豆時1200g¥08,500(生1200g¥04,100)
生豆時2400g¥00,000(生2400g¥00,000)
※100cc当りのお値段「105~75円」
※焙煎度合により10~30%目減りします。
販売価格:¥950~8,500(税込)
ポイント:19~170Pt
生豆or煎豆:
グラム:
焙煎度:
加工:
数量:
問い合わせる

関連カテゴリ

関連カテゴリ:
全商品一覧
おすすめ商品
新入荷商品
産地から選ぶ > アジア > ラオス
テイストで選ぶ > 甘味
テイストで選ぶ > 爽快
テイストで選ぶ > 後味
焙煎度で選ぶ > 浅煎
焙煎度で選ぶ > 中煎
焙煎度で選ぶ > 深煎
キャンペーン商品
お買得・特価SALE

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ