インド/オーガニック・バイオダイナミック★シターガンドゥ農園ハニー

 

 

バイオダイナミック有機栽培農法って、ご存じでしたかぁ~?

まずは、「調合剤」で大地を育むことからはじまります。

それは、栄養を与えるのではなく、大地そのものの生命力を高めるという考え方から!

 

究極の有機栽培農法!?とか、地球と植物のリズムを考えて栽培する有機農法!?と、言われているインドの、シターガンドゥ・オーガニック・ハニー★バイオダイナミック&JAS(Seethargundu Organic Honey Biodynamic&JAS)です。

 

粉に挽いている時のフローラル香、カップからは甘ったるい香りもあるし!

舌触り柔らかく、どっしりした飲みごたえにうっとり…。

そんなインドの、バイオダイナミックでオーガニックな、甘さで勝負するハニーアイテム!

 

お奨めのローストは、フルシティに限りなく近い、強めのシティです。

メインは、生チョコみたいなウェットな甘さと、ほんのりしたビターさも楽しめるくらいです!

ナッツ系の雰囲気というよりは、パウダー系のしっとりとしたウェットな雰囲気が感じられます。

なので、グッと、どっしりした舌触りがいい感じに仕上がっています!

だんだん冷めてくると、しっとりと高級な生チョコ入りのバニラアイスみたいな感じにも…。

 

 

----------

南インド・ケララ州にあるバイオダイナミック実践農園のハニー・プロセス。

 

シターガンドゥ農園は、コーヒーのほかに紅茶、胡椒、カルダモン、オレンジ、バニラを生産しているマルチクロップ農園です。

1988年に100年の歴史を誇るコーヒー農園を購入し、のちにお茶、胡椒、カルダモンを栽培するようになりました。

2000年になると、バイオダイナミック農法を実践するオーガニック農園に転換し、今日では世界最大級の規模を誇るオーガニック農園になっています。

 

シターガンドゥ農園のあるネリヤンパシーは、かつてベングナド王国の所有地であった。

19世紀に入るとほとんどの原生林を政府に貸出した。

1889年には、商業開発を計画した二人の英国人に土地の一部を貸出した。

1896年、彼らはリース契約の権利をそのままアマルガメイト農園へ売却。

この農園はのちに分割され、いくつもの会社へ売却された。

1988年、その一部がカルナ・プランテーションへ売却。

1989年に現在のポアブス・グループへ移管され、管理されている。

 

【バイオダイナミック有機栽培農法について】

バイオダイナミック有機栽培農法とは、1924年にオーストリア人のルドルフ・シュタイナーが人智学にもとづき考案した、まったく独自の農法。

化学肥料や殺虫剤を使わない点では通常の有機栽培と同じだが、異なる点は宇宙の力まで取り入れ、地球と植物のリズムを考えて栽培する有機農法。

太陽系の一部である地球は、天体の大きなリズムの影響を受けているという考え方による。

このように、自然の大きなパワーを取り入れることで、土地や植物の活力を最大限に引き出すこの農法は、究極の有機栽培農法とも呼ばれている。

 

バイオダイナミック有機栽培農法は、「調合剤」を使い、大地を育むことからはじめる。

それは栄養を与えることではなく、大地そのものの生命力を高めるという考え方。

「調合剤」とは、粉末状にした水晶などの鉱物、カミツレ、ノコギリソウなどの植物、牛糞などを混ぜてつくるもの。

この「調合剤」は、大地に撒いたり、堆肥に混ぜ込んで使う。

これは大地の感受性を豊かにして、天体や地球からの力を受けやすくするために行われる。

これが植物のパワーをさらに高めていく。

 

バイオダイナミック有機栽培農法は、宇宙や地球や植物が持っている特定のリズムを尊重する。

大地は朝になると息を吐き、午後になると息を吸う、という一日のリズムがある。

そして薬用植物には、朝に植物内の液流が上昇するリズムがあり、収穫はその時間にあわせて行う。

また、天体(太陽、月、星)の運行リズムに照らしあわせて、種まきや収穫の最良のタイミングを決定。

このようにバイオダイナミック有機栽培農法は大変な手間と時間のかかる方法で、決して効率的ではないが、こうして育てられた植物は人に、肌に、その生命力を吹き込み、生き生きと輝かせてくれるのである。

 

 

 

詳細データ
〔地域〕インド、ケーララ州
    パラカッド県ネリヤンパシー
〔生産者〕シターガンドゥ農園
〔クロップ〕2013/2014
〔規格〕アラビカ・パルプドナチュラル・バルク
〔欠点規格〕デフェクトを取り除いたサイズ未選別
〔スクリーン〕15アップ
〔木の品種〕SLN795,SLN9
〔標高〕1050-1350m
〔年間降水量〕4000mm
〔認証〕バイオダイナミック認証、
    JAS認証、USDA認証
〔精製方法〕パルプドナチュラル(ハニー・プロセス)
〔開花時期〕3月-4月
〔収穫時期〕11月-1月
〔船積時期〕2014年5月
〔保管方法〕定温倉庫
〔ロットナンバー〕04/2014/PE/AP
<<<焙煎豆での補足事項>>>
 
■お奨めロースト:シティ(+)
■お好みロースト:お好みの焙煎度合 からお選びください。
■加工:お好みの挽き具合 からお選びください。
■内容量:ハンドピック、焙煎度合の水分蒸発等により、生豆時のグラム数から10~30%目減りします。
■賞味期限:煎豆で1ヶ月程度です。(挽豆時は、7~10日間)
■飲頃期間:煎豆で2~15日間です。(挽豆時は、2~3日間)
■保存方法:密閉容器等に入れて、冷暗所等お奨めします。
 また、高温多湿時は冷蔵、1ケ月後は冷凍がお奨めです。
 
<<<生の豆での補足事項>>>
 
■状態:焙煎をしていない、生豆のままの状態です。
■加工:ハンドピックは行っておりませんので、小石や木片、コンクリート等が混入している場合があります。
■保存方法:高温多湿を避けた、冷暗所等でお願いします。
 また、梅雨期や猛暑日等は低温冷蔵等をお奨めします。
■備考:生豆卸業を兼ねております。
 
※生豆卸業:2.4キロ以上ほしいっ!!
 という方は、コチラ から、お問合わせくださいね!
 

 


 

 
こちらの商品は、化粧箱ギフトのラッピング加工が可能です!
※化粧箱ギフトの詳細は、こちら→Click!!
 
 
 
  ■内容量/生豆時300グラム入り(煎豆時240~270グラム)です。
  ■仕様/珈琲豆専用のアルミ缶にお入れして、化粧箱にてラッピングします。
  ■加工料金/別途500円です。
  ■ご注文方法/ご注文時に「300gギフト」をお選びくださいね!
 

 

 

商品コード:10391_02
インド/オーガニック・バイオダイナミック★シターガンドゥ農園ハニー
〔販売価格〕
生豆時0150g¥1,100(生0150g¥00,600)
生豆時0300g¥1,800(生0300g¥01,000)
生豆時0600g¥3,250(生0600g¥01,600)
生豆時1200g¥6,000(生1200g¥02,650)
1杯120cc当りのお値段、75~55円です。

 

販売価格:¥600~6,000(税込)
ポイント:6~60Pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

関連カテゴリ

関連カテゴリ:
全商品一覧
受賞・認証から選ぶ > オーガニック認証
受賞・認証から選ぶ > その他の認証
産地から選ぶ > アジア > インド
テイストで選ぶ > 甘味
テイストで選ぶ > コク
テイストで選ぶ > 後味
焙煎度で選ぶ > 中煎
焙煎度で選ぶ > 深煎
焙煎度で選ぶ > 極深煎

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ